こめかみ白髪 染める

こめかみ辺りの白髪をうまく染める方法

なかなかそまらないこめかみ。みんなどうしてる?

 頭皮や髪の生え際に染料がついてしまった、うまく根元が染められなかった…。
 こんな風に自宅で白髪染めをしてみたけれど、なかなか上手に染められない…という方はいませんか?自分で白髪を染める時、特に難しいのがこめかみ周辺です。
 こめかみ周辺は短い毛髪や産毛もあるゾーンで、毛髪の密度が他の部分に比べると低くなっています。
 そのため、しっかり染めようとすると頭皮に染料がついてしまい、頭皮に染料をつけないようにすると白髪が残ってしまいがちなのです。では、こめかみ周辺の白髪をうまく染めるにはどうすればよいのでしょうか。

 

 髪の生え際は頭皮に近いため、温度が高く、色が入りにくいと言われています。
 また、染料は傷んでいる髪の方が反応しやすいという特徴もあります。こめかみや髪の生え際は傷みが少ない部分なので色が入りにくいのです。
 しっかり染めるためにも、白髪を染める時はまず、こめかみや額周りなど、髪の生え際から染め始めるようにしましょう。

 

失敗したくないなら、ヘアカラートリートメントが一番簡単

 頭皮に染料がつかないようにするためには、生え際に染料付着防止のクリームを塗っておくのがポイントです。
 美容師さんのなかは頭皮につけずに上手に染めてくれる人もいますが、私たちが自分で染める時、頭皮につけないというのはほぼ不可能です。染料の付着をふせぐため、事前にしっかりクリームを塗っておきましょう。

 

 肌に色が残りにくいカラートリートメントタイプなら、地肌についた部分はシャンプーで落ちて行くため、こめかみ部分も安心して染めることができます。
 手で塗ると細かい部分にしっかり塗れないことがあるので、目の細かい専用のコームでしっかり伸ばしていくとよいでしょう。

 

 またこめかみは髪が伸びてくると白髪が目立ちやすいパーツでもあります。
 カラートリートメントのなかには伸びてきた部分のみにサッと使用できるペンタイプのリタッチ用を用意しているものもあります。
 お出かけ前にこめかみの白髪を見つけてしまった…という時のために、こうしたリタッチ用のアイテムを用意しておくのもオススメです。

 

 

関連ページ

染めてるとばれない方法
白髪染めを使っていると真っ黒になりすぎたり、カラーが抜けたりして、いかにも「染めてます」という髪色になることがありますね。周囲の人に気づかれにくい染め方2つのポイントを紹介します。
髪の根元の白髪を染める方法
カラートリートメントなら、2剤使用のものに比べてリタッチにも使えるので、経済的できれいに染まり、肌にも刺激や少ないです。
白髪染めの効果を長持ちさせる
色抜けする、せっかく染めても長持ちしない。という方のための普段からできる、白髪染め効果を長持ちさせるヘアケア法を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ