根元 白髪染め

髪の根元の白髪をキレイに染める方法

髪の根元の白髪をうまく染めるには?

上手に白髪を染めることができると、鏡を見るのが楽しくなります。
 白髪がなくなるだけで、見た目の年齢がグンと若返るため、それまで白髪を染めるのに抵抗があったという方も「もっと早く染めればよかった」と思うのではないでしょうか。

 

 白髪を染めてから1〜2カ月立つと、根元の髪が伸びてきて、白髪が目立つようになってきます。
 自分ではあまり気にならなくても、周りの人はしっかりと気づいているもの。面倒がらずにしっかりリタッチして、白髪のない状態をキープするようにしましょう。

 

 こめかみ辺りの白髪をうまく染める方法のページでお話したように、髪の根元の白髪は頭皮から生えたばかりの健康な状態であるため、色が入りにくい部分でもあります。
 特にカラートリートメントで染めるときは1回で色がしっかりと入るわけではないので注意が必要です。

 

2剤使用タイプよりヘアカラートリートメントが根元染めにいい理由

 まず、手にたっぷりとカラートリートメントを取り出し、多めに塗るようにしましょう。
 地肌が見えなくなるくらい塗るのがポイントです。塗った後は使用方法をよく読んで、可能な範囲で放置時間を長くするのもオススメです。
 すでに染まっている部分は重ねて色が入るため、染まりやすくなります。色ムラが出るのを避けるためにも、染める時は根元からスタートし、放置時間が長くなるよう調整しましょう。

 

 市販の二剤を混ぜて使用するタイプの白髪染めは保存ができないため、リタッチに使うと残った分を捨ててしまわなければなりません。
 少ししか使わないのにもったいないな…と感じる方も多いでしょう。
 その点、カラートリートメントは使用したい分だけ使って残しておけるので、実は経済的でもあるのです。
 さらに、カラートリートメントには刺激の強い成分も含まれていないため、頭皮が敏感になりがちという方も安心して生え際部分に使用することができます。

 

 白髪の量が増えてくると、リタッチのタイミングも短くなってきます。
 カラートリートメントはリタッチで使用を繰り返しても、髪へのダメージが少ないためツヤツヤの髪をキープすることができて安心です。
 白髪の量が多くなってくる40代以降の方には特にオススメと言えるでしょう。

 

関連ページ

染めてるとばれない方法
白髪染めを使っていると真っ黒になりすぎたり、カラーが抜けたりして、いかにも「染めてます」という髪色になることがありますね。周囲の人に気づかれにくい染め方2つのポイントを紹介します。
こめかみ白髪をうまく染める方法
髪の生え際は頭皮に近いため、温度が高く、色が入りにくいです。目の細かい専用のコームでしっかり伸ばすとキレイに染まります。ヘアカラートリートメントなら肌に残りにくいので、不器用な人でも地肌を痛めにくいですよ。
白髪染めの効果を長持ちさせる
色抜けする、せっかく染めても長持ちしない。という方のための普段からできる、白髪染め効果を長持ちさせるヘアケア法を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ