臭くない白髪染め

臭くない白髪染めが欲しい!臭いの原因と臭くないヘアカラーの選び方

あの臭いの原因は何?

 美容院に行くほどでもないけど、ちょっと色落ちしてきた。美容院代を節約したい。 
 そんなときに市販のヘアカラートリートメントは便利です。
 ただし、簡単に白髪が隠せるものの、ツンとくる臭いが苦手…という方も多いようです。では白髪染めの臭いの原因とはどんな成分なのでしょうか。

 

 市販の白髪染めには染料を定着させるためのアルカリ剤としてアンモニアが含まれています。このアンモニアにツンとくる刺激臭があるのです。
 そしてもうひとつ、髪を脱色するための過酸化水素水(オキシドール)にも独特の臭いがあります。

 

無難に臭くないのは天然成分入り

 最近ではアルカリ剤としてアンモニアの代わりにモノエタノールアミンという成分を使用して、臭いを抑えているヘアカラーもありますが、このモノエタノールアミンはアンモニアよりも頭皮や髪を傷めるという意見もあるようです。
これに対してヘアマニキュアは髪の表面のみを染めるため、アンモニアなど刺激の強い成分は配合されていません。

 

 その他にもベニバナや藍の葉など、植物由来の天然染料を使用したカラートリートメントもあります。
 最近、人気のカラートリートメントは髪にいい成分がたっぷりと配合されているため、髪への負担が最小限で抑えられるだけではなく、ツヤツヤの髪を取り戻すことができます。
 染まり具合もよいものが増え、使っているうちに髪がツヤツヤになってきたという声も多く、市販の白髪染めや美容院でのカラーリングから、これらのカラートリートメントにシフトする方も多いようです。
 年齢と共に髪のツヤやハリがなくなってきた、カラーリングの後はいつも髪がゴワつく…という方には特にオススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ